まったくの初心者がわずか半年で脱サラ。eBay輸出であなたの人生を変えるブログ

【eBay輸出のおすすめの海外発送方法とは?】EMS、SAL、国際eパケットを徹底比較!!

どうもーーーー

 

 

eBay輸出をやっててよく言われることで

「海外ってどうやって送るんですか?」

「海外に送るのは高そうですね」

という発送に関する不安なことがあげられます。

 

 

そういう私も最初売れた時は

  • どうやって送る?
  • 何を使ってで送る?
など手探りでした。

 

 

何回も送るうちにどんどん私も郵便局も慣れてきたので、今ではもうスムーズにできるようになりました。

海外に送る人はこんな田舎にはそんなにいないので、郵便局も教育しちゃいましたね笑

 

 

では、海外発送方法の説明からおすすめの発送方法まで説明していきます。

 

 

海外発送方法の種類

海外に送ったことがない方は、まずどこで送ればいいのかというところからわかりませんよね。

 

 

日本から海外に送る業者には

  • 日本郵便
  • DHL
  • Fedex
  • ヤマト運輸
などがあります。

 

 

でも使うのは

「日本郵便」

だけでOKです

 

 

30kgを超えるような商品は日本郵便では送れないので、他の業者を使う必要がでてきますが、まぁそんな商品は取り扱うこともないでしょう。

日本郵便を攻略すれば大丈夫です。

 

 

次に日本郵便の国際郵便の種類ですが、これもたくさんあります。

  • EMS(国際スピード郵便)
  • 航空便(国際小包、小型包装物)
  • eパケット(小型包装物)
  • eパケットライト(小型包装物)
  • SAL便(国際小包、小型包装物)
  • 船便(国際小包、小型包装物)
同じ航空便でも国際小包と小型包装物があったり、さらにここに書留のありなしも入ってくるともうどれを使えばいいんだーーーって声が聞こえてきますね。

でも実際に使っていく発送方法は、赤字で記した4つだけです。

他の発送方法は使わないので、忘れても大丈夫です。

 

 

それぞれについて説明します。

 

 

EMS

送料は一番高いですが、最強の発送方法です。

121の国・地域に発送可能で、最高200万円までの損害賠償も付いています。

重さも30kgまでは送ることができるので、ほぼ何でも送ることが可能です。

 

 

配達期間も3~5日程度で到着するので、バイヤーにも喜ばれます。

 

 

送り状は手書きやネットで作成が可能です。

ネット作成の場合は「国際マイページ」から作成を行ないます。

 

 

補償やサービス面からみて、高額商品などの発送にはEMS一択です

 

 

SAL便

SAL便と書いてサルビンと読みます。

利用する海外への発送で一番安い方法になります。

到着目安は、これまでの経験上3週間前後という感じです。

 

 

SAL便は飛行機などの空きのスペースに入れて送られます。そのため他の発送に比べて優先順位が低いために到着に多少の時間がかかります。

バイヤーに「日数がかかってもいいからとにかく安く送ってほしい」と言われた時に利用する形になります。

 

 

SAL便には国際小包と小型包装物がありますが、利用するのは小型包装物のSAL便のみです。

国際小包と小型包装物の違いですが、重さで判断します。

2kg以上が国際小包、2kg以下が小型包装物と覚えておきましょう。

 

 

追跡番号(書留)を410円で付けることが可能です。

 

 

送り方ですが、自分と相手の名前と住所を記入して郵便局でSAL便で送りたいと伝えるだけです。

郵便局から税関告知書を渡されるので、内容物や重さや価格を書いて署名します。

 

税関告知書は郵便局でもらうことができるので、事前に書いておくことも可能です。

 

 

国際eパケット

送料も配達期間もSAL便とEMSの中間くらいのサービスです。

ただし、国際eパケットは小型包装物になるため、2kg以内かつ長さ+幅+厚さが90cm以内の商品しか送れません。

追跡と補償(6,000円まで)も付いています。

 

 

価格も安くほとんどの国が取り扱っているため、私も一番利用しており、おススメです。

 

 

送り状は、国際マイページから作成します。

【海外発送のラベルを簡単作成】eBay輸出で使える国際マイページの使い方を解説します!!

手書きなどはありませんので、事前に自宅のPCから作成してラベル印刷しておく必要があります。

 

 

送り状は専用のパウチに入れる必要があるため、事前に国際マイページから請求しておきましょう。

 

 

国際eパケットライト

2016年に出来た新しい国際郵便の発送方法です。

簡単に言うと、小型包装物SAL便の追跡付きになります。

 

 

小型包装物なので、eパケット同様に2kg以内かつ長さ+幅+厚さが90cm以内の商品に対応しています。

ただし、eパケットと比べて、新設のサービスのため、配達可能国が制限されているので注意しましょう。

 

 

書留付きのSAL便で送るなら、国際eパケットライトで送ればOKですね。

料金も若干ですが、安いです。

 

 

送り状は、国際マイページから行います。

事前のパウチ請求は忘れずに!!

 

 

ここに注意!!

発送できない国

それぞれの国際郵便では発送可能な取り扱い国が異なります。

 

 

事前に発送可能かどうかを確認しておきましょう。

参考 EMS取り扱い国・地域日本郵便公式サイト 参考 SAL便取り扱い国・地域日本郵便公式サイト 参考 eパケット取り扱い国・地域 ※小型包装物が可の国日本郵便公式サイト 参考 eパケットライト取り扱い国・地域日本郵便公式サイト

 

 

 

追跡できない国

せっかく追跡番号をつけていても、一部の国では日本を出てからの追跡が出来ません。

よく言われる国は、カナダやオーストラリアですね。

 

 

荷物が届かないとなった場合は、郵便局に調査依頼をするのですが、結果が出るまでにまぁ時間がかかります。

私の場合は、3ヶ月くらいかかりました。

 

 

トラブルを避けるためにも、発送除外国に設定しておきましょう。

【eBay輸出トラブル】発送除外国に設定した方がいい国とは!!

 

 

保管切れで返送

追跡番号を付けているから、もう安心だと思っていたら危険です。

海外では荷物を届けて不在だった場合、再配達がなく本人が取りに行かなければならないことも多いです。

本人が気づかずにそのまま一定期間が経過すると、日本に返送されてしまいます。

 

 

そうなると再度送る必要が出てきます。

事前にバイヤーにメッセージを送って取りに行くように促します。

 

 

例)商品は保管になっています。受け取りをお願いします。

This item is kept. Please go to pick up.

 

 

取引が多くなると、すべての商品の状況の把握は困難です。

無料の管理ツールがあるので利用して効率化しましょう。

【eBayの便利ツールの紹介】発送後の追跡番号はaftershipで管理しよう!

 

 

使ってはいけない発送方法

船便と国際小包は利用する必要がありません。

 

 

船便は船で送るため、到着するのに数ヶ月かかります。最も安く送ることができるのですが、バイヤーもそこまでは待ってくれないので、利用はやめましょう。

バイヤーから「もっと安く送ってくれ!」と言われても、船便は使ってはダメです。断ってください。

 

 

国際小包は、航空便、SAL便で利用可能ですが、送料が高くなるため、おススメできません。

私も以前、漫画をSAL便で送ろうとしたときに、2kgを越えてしまい送料がEMS並みに高くなるという失敗をしました。

2kgを超える商品はEMSで送るくらいの認識でいましょう。

 

 

送料を安くする裏技

EMSなど同時に出したり、多く実績を作ることで割引サービスがあります。

 

 

例)

同時差出 10個・・・10%割引

月間 100個利用・・・15%割引

年間 10,000個利用・・・・22%割引

 

 

どんどん取引数を増やしことで送料コストを抑えることが可能です。

こちらで割引サービス一覧をチェックできます。

参考 EMSの割引サービス日本郵便公式サイト

 

 

eBay輸出でおススメの発送設定とは?

いろんな国際郵便について話してきましたが、配達期間や料金に応じて様々な配送手段を使い分けて対応するのが一番です。

バイヤーにとって一番望まれるサービスを提示しましょう。

 

 

一つの基準としては、商品の重さや価格で決めてしまうといいでしょう。

 

 

参考までに私の判断基準は

  • 商品価格が10ドル以下(評価稼ぎ)・・・SAL便
  • 商品価格が50ドル以下・・・国際eパケットライト
  • 商品価格が200ドル以下・・・国際eパケット
  • 商品価格が200ドル以上あるいは2kg以上・・・EMS
です。

 

 

参考に設定してみてください。

 

 

まとめ

初心者の方は海外に発送するということのハードルが高く、なかなか個人輸出に踏み出せない方がいます。

しかし、実際にやってみると使う発送方法も限られており、国内に郵便を出すのと同じくらい意外に簡単です。

この記事があなたの不安を取り除き、一歩踏み出すきっかけになることを祈っています。

 

 

まとめます。

  • 利用するのは、EMS、eパケット、eパケットライト、SALだけ
  • 発送できない国や追跡ができない国はチェックして事前にリスク回避
  • バイヤーに提示する発送方法は、バイヤーが一番望むものを提示しよう
  • 最初は商品価格、重さで発送方法を決めよう

 

 

では、素敵なeBayライフを!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です